鳥羽市 に訪れる 観光 客さんに有名なのが「 焼き牡蠣 」だと思いますが、鳥羽市在住のボク的には「蒸し牡蠣」も知ってほしいと思います。

鳥羽市在住ライター、しゅーへーです。よろしくお願いします!

今回、鳥羽市にある「鳥羽風土(とばふうど)」さんに訪れました。お店では「しらす丼」や「牡蠣フライ丼」「伊勢うどん」なんていうすごくおいしいお食事もできるのですが、今回はあえて「蒸し牡蠣」を紹介したいと思います。

鳥羽市といえば海に面している町で、観光客さんたちには是非とも海鮮料理を食べてほしいです。そんな中でも「蒸し牡蠣」を楽しめるお店を今回おすすめしたいです。

濃厚な牡蠣の味を楽しめる「蒸し牡蠣」、是非とも知って食べに来てほしい!

鳥羽で「蒸し牡蠣」を楽しめるお店「鳥羽風土」

「鳥羽風土」さんは、鳥羽市安楽島町に位置し、近場の施設で言うと「エクシブ鳥羽」がありわかりやすいところにあります。外見はログハウス調で、雰囲気的にもよさげです。

名称 鳥羽風土
住所 〒517-0021 三重県鳥羽市安楽島町194-10
ジャンル 海鮮、お土産屋さん
駐車場 数台分あります
Web http://www.tobafood.net/

 

鳥羽風土さんの店内の雰囲気もとても良い感じで、木製のテーブルや椅子はご主人の手作りだとか。

鳥羽風土さんでは「しらす」を使った「しらす丼」や「かき揚げしらす丼」、「牡蠣フライ定食」など、地元の食材を使っておいしい料理を振る舞っています。

夏にはBBQや手動のかき氷機を使ったかき氷がたべられるなど魅力たっぷりなんですよね。

店内のお土産コーナーには、お土産用の「青さ海苔」や「だし醤油」なども売られています。

そんなお土産の一つにある「牡蠣のオリーブオイル漬け」と「牡蠣の食べるラー油漬け」を紹介しておきます。

こちらは「試食用」のものがあり、それをだべさせていただきました。

これがまたうまいんです。(マジデ)

牡蠣の濃厚な味と、ニンニクやコショウが良い感じにマッチしてるんです。「パンやサラダに絶対に合う」って思って、思わず買っちゃいました。



そんな鳥羽風土さんでの「蒸し牡蠣」を食べる。

注文が入ったらお店の外で牡蠣を蒸し、振る舞われるのです。

牡蠣をジューシーに味わえる「蒸し牡蠣」

今回は「蒸し牡蠣」の蒸すシーンを見せていただきます。牡蠣は店主が店内横で蒸されます。

その牡蠣を専用の蒸し器に入れて、火をかけます。

店内でおしゃべりをしていたら、いつの間にか牡蠣が蒸し上がりました。

こんにちは、蒸し牡蠣さん!

並べられる蒸し牡蠣たち。

食べやすいように店主が一つ一つ牡蠣の殻を開けていってくれます。

新鮮な牡蠣ほど貝柱が強くあかないらしく、こうやって開けていくそうです。

今回は二人で蒸し牡蠣をこれぐらい食べることに。

うわぁ・・・。

うまそぅ・・・。

優勝!



 鳥羽市で「蒸し牡蠣」という選択

鳥羽市で牡蠣を食べる・・・「焼き牡蠣」ってのもありますけど「蒸し牡蠣」って選択もありますよ!個人的にはこっちをおすすめしたいです!

ということで、鳥羽市安楽島町の「鳥羽風土」さんで食べられる「蒸し牡蠣」のご紹介でしたー。

鳥羽市に訪れの際は是非どうぞ!

ちなみに、鳥羽風土さんでは、「牡蠣グラタン」など牡蠣を使った料理が他にもあるのでそれ目的でもどうぞ!

 

http://www.tobafood.net/

Facebook

Instagram

この記事を書いた人

しゅーへい
しゅーへいWEBライター
写真とマジックが趣味な難病持ちの元高専生。現在の肩書きとしてはWEBライター、フォトグラファー、コーダーなどマルチに活動しています。最近YouTube投稿に興味が出てきました!いろいろなメディアで書いてきたので、WEBライターの仕事あったらお話聞かせてください!!

関連記事

春がもぉそこまできています!さくらとワインの「Precocious Bloom」が「Publichouse Laughter(パブリックハウス ラフター)」で開催中!

旅するクレープ屋さん「ポット夫人」へ行ってきたよ♪

ママ必見♥親子で手作りお菓子の教室が志摩市ではじまった!

恵みの郷「志摩海道」の新しくできたカフェスペースに行ってきたよ!

絶景のカフェテラスでティータイムを!横山展望台カフェ・ミラドール志摩へ行ってきたよ!

真珠体験&スイーツのお店!「SHIMA CAFE」へ行ってきたよ!!

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です