神様大満足! 日本三大御田植祭、伊雑宮御田植祭!!

shimazineライターのヒルタです。

タイトルが漢字ばっかりで、どこのブログかと思った皆様、こんにちは。

 

 

お祭り好きですかーーー?

私は、お祭りが好き! 大好き!

私は運が良くて、たまたま出かけたらお祭りがやっているってことがよくあります。

今回もたまたま志摩市に行ったら伊雑宮御田植祭(いざわのみやおたうえまつり)がやっていました。

志摩市で生まれ育っているのですが、国府育ちなので磯部にはあまりいかないので、実は、志摩市磯部の御田植祭(おたうえまつり)は初めて!

 

なんと、伊雑宮御田植祭は日本三大御田植祭の一つ。

日本三大のお祭りが一つが志摩市にあるって誇らしいです!

このお祭りは毎年6月24日に開催。日付固定。

今年、2017年はたまたま土曜日! 大盛況!!

 

日本三大御田植祭」というのが神々しい。

梅雨時期ですが、この日は晴れていました。曇りっぽいけど、晴れてた!

スケジュールをみると1日楽しめるお祭りのようです。

 

盛況の様子がよくわかります。

志摩市の人間、みんな集まっているんじゃねーの?っていうくらい。

小学生がキャーキャーいいながら屋台にむらがっていました。ステキだ。

 

御神田館という展示スペースもありました。

キレイな衣装が並んでいて、ちょっとした歴史を感じます。

物語がはじまりそう。

 

伊勢神宮とつながっているんですね、伊雑宮(いぞうぐう)

 

お祭りなので屋台で適当に買いつつ、神社へお参りしようとすると広場がありました。

しかも、結構人が集まっている。

 

なんだなんだ、と野次馬根性で集まっているところへ行ってみました。

 

田んぼに大きな竹とうちわのようなものが。

 

うん、田んぼとかうちわとかどうでもいい。

おわかりいただけただろうか。

 

もう一度、気になった部分を再度アップで載せますね。

 

裸!?!?!?

 

これは一部の方々に大好評を得られそうな画ですね。

イカツイ男の裸! むしろ、

ふんどし姿の方もいました。しかも、みんな結構いいカラダしているんですよ!

いや、ほんと、まじで。いいカラダしているんですよ!

 

大勢の方がじっと眺めます。

心なしか女性が多くて、目が輝いている気がします。

 

そんな漢が何をやるのかな、って私も固唾をのんで見つめていると……

 

掛け声とともに、田んぼに!!

そして、全身泥だらけ。もう何がなんだかわからないレベル。

 

お姉さま方の目線がアツい!!

ほぼ全裸の男が泥まみれでつんぐほぐれつ!!

ドキッ! 男だらけの泥まみれ大会!~ポロリはないよ!~」って感じ。

キャーキャー言いながら声援が飛び交ってました。主におばあちゃんからの。

 

ちょっと休憩。

もうみんな全身泥だらけ。

休憩でお神酒を飲んでましたが、身体動かしてお神酒って、大丈夫なのかと。

 

泥だらけになったあとは、竹に吊るされた大きなうちわをおろしていきます。

 

バシャー!

 

引きずり倒した竹を漢たちが運んでいきます。

いいカラダしているんですよ!!!

神様も大喜びですね、神様フィーバー!

この竹を少しずつ配っていました。

持っていると、お守りみたいな効果があるとかどうとか。

もらった後ろに竹を指している人が多かったです。

いわゆるひとつのオシャレさん。

 

田んぼにダイブするってしたことないけど、気持ちよさそうだなーと感じました。

こういう田んぼにドーン!!気持ちいいだろうなー!!

 

志摩市商工会の方も出られていました。

お疲れ様です!

 

 

そんなこんなで、ようやく神様へご挨拶。

「御神酒あがらぬ、神はなし」ですからね。

沢の鶴と白鷹が奉納されていました。

 

参拝に行列ができている…ってビックリしながら並びます。

水色と白色という色の組み合わせってステキですよね。

なんかいいですよね!!  水色と白色ね! いいですよね!!

神社にご神木があるんですが、その根っこから幹の部分がとても神秘的でした。

ゲームのRPGとかに出てきそう。根っこが太ましい。

 

神社からちょっとしたところに碧志摩メグちゃんのポスターが掲示されていました。

かーいーよーーー!(かわいいよー!!)

 

このあと所要があって全部のお祭りに参加できたわけではないのですが、みんな楽しそうでした。そして、印象に残ったこととして、若い世代が多いなって。

子どもたちもそうですし、20代のこれからの時代を担っていく世代がこうしたお祭りに積極的に参加しているっていうのはとてもステキで、大切なことだなーって強く感じました!

6月24日という日付固定で、この日はこうしたお祭りがずっと昔から続いてきていて、まちに受け入れらている。そうして、また次の世代へとつないでいく。

おばあちゃんやおじいちゃんが泥だらけの漢たちをみてキャーキャー言っていたのは、きっと60年前の自分達の姿と重ねているからこそなのかもしれません。

自分たちがやったことを、子どもの世代や孫の世代がやっているというのを見るってなかなかないですし、貴重ですし、ステキなことだと感じました。

 

お祭りって良いですよねーっ!

これから夏が近づくにつれて、お祭りも増えてきます。

ぜひ、近くのお祭りに参加してみてください。きっといろんな発見がありますよ。

ステキな出会いもあるかもしれませんっ!

 

志摩市もたくさんお祭りあるので、遊びに来てください!

おおきんなでは、七夕祭りを7月8日(土)に開催します!!

会場で、ぼくと握手!

― 伊雑宮―


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です