こんにちは、SHIMAZINEライターのソウスケです。
前回の記事、自給自足で志摩市の酒の肴を手に入れる!・・・vo.1
で「肝パンのカワハギ」を釣ると心に決め、今回は準備編です。
準備って言っても、実際にカワハギを狙って釣りに行った事が無いので(外道として釣った事は有ります)、どういった魚か調べてみました。

分類  スズキ系フグ目カワハギ科カワハギ属
外国名 Threadsail filefish, Leatherfish, Filefish 読めませーん
漢字・由来  「皮剥」 東京や神奈川県三崎での呼び名。皮を剥いで料理するため。
生息域 海水魚。100mよりも浅い砂地に生息。
青森県〜九州南岸の日本海・太平洋沿岸、瀬戸内海。朝鮮半島南岸・東岸、鬱陵島、済州島、台湾、遼寧省・山東省、長江河口域、福建省、香港、フィリピン諸島北部。
生体  ■ 産卵期は5月から8月。
■ 秋などに稚魚をホンダワラなどの間でよく見かける。
■ 成魚は浅い岩礁域と砂地の混ざるようなところで甲殻類、貝、環形動物などを食べている。
情報  国内の沿岸に普通に見られる魚で、味のいいことが広く知られている。夏の季語となっているが、この時季は真子が大きくなっていて、むしろ秋から冬にかけてが美味。ふるくはそれほど値の張る魚ではなかったが、近年秋から冬のカワハギは驚くほど高価。
市場での評価 盛夏以外は入荷がある。年間を通して値がいい。大きいほど値が高く、養殖もされているが、天然ものが高い。活魚は超高級魚。
その他 旬は秋から冬
一般に夏とされるが不安定な時期にあたる。秋の方が肝が大きく味も安定している。
鱗は表皮と一体化していて剥き取ることができる。皮は厚くて食べられない。薄皮は薄いので引きにくく、あぶるなどすると食べられる。骨はやや硬い。
鮮度がいいと透明感のある白身で、しまって硬い。
熱を通すとまた締まる。肝の味の良さは随一。
引用元 ぼうずコンニャク株式会社 市場魚介類図鑑

なるほど!!今まであんまり気にしてなかったけど「活魚は超高級魚」「肝の味の良さは随一」に惹かれます(*’▽’)
益々やる気が漲りましたー!!

釣り方はと・・・検索ポチっ!!
竿は・・・リール・・仕掛け・・餌・・。
ん~なるほどな!とりあえず、今持ってる竿とリールでいけそうやな(‘◇’)
そこを書くのが記事じゃないのー!!って言われそうですが・・・。
いっぱい釣り方あるし、釣りブログは専門家におまかせって事で!(自分で言うのもアレですがズボラな性格でして・・すみません。)
※詳しく知りたい人は「カワハギ釣り」で検索して下さい。

基本情報はこれでOK 後は釣りに!!って思ったけど・・・行ける日がない(悲)
もう頭の中は「カワハギ・肝パン」でいっぱいなのに~(*_*;
困った・・どうしよう・・もうそこまでカワハギが・・・

よし!買ってこよう(*’▽’) 志摩ならではの奥義「鮮魚屋さんで調達!」
※小生単純な男ですみません笑
普通この流れだと釣りに行って、「釣れたー」とか「全く釣れない」って事に繋がりますよねー。
ここはひとまず、食べてみて、そっから釣りに行きます!!

次回 vo.3 『祝!ご対面!!』

この記事を書いた人

ソウスケ
ソウスケ
志摩市在住の自然大好きBOYです!釣りやサーフィン、自然に触れると癒されます!

関連記事

夏なのにみかん!?五ヶ所みかん直売店の「土実樹(つみき)」へいってきたよ!

【新規オープン情報】ファミリープラザ内にできた鉄板焼き&ダイニング「51BASE」に行ってきたよ

志摩観光農園の「ひまわり」を見てきたよ!

賢島駅前駐車場にできた特産品販売所!「KASHIKOJIMA BASE」へ行ってきたよ!

大行列!贅沢パフェを食べに安乗の「きんこ芋工房 上田商店」へ行ってきたよ!

志摩市の阿児アリーナの新しい遊具が追加!早速娘と遊びに行ってきたよ!

コメント