毎年恒例となった「志摩市三十路式(しましみそじしき)」!SHIMAZINEの運営元「おおきんな」という団体から始まったので毎年お手伝いに行っています。今年も志摩市三十路式の様子をレポート!

志摩市三十路式とは?
志摩市では、成人式から10年経った30歳という節目を迎えた人達に対して、故郷を想いこれからの人生や未来を考えるイベント「志摩市三十路式」を行っています。そんな「志摩市三十路式」は2015年からはじまり、2019年の今回ので5回目となりました。

第5回目となる「志摩市三十路式」は、1988年4月2日から1989年4月1日生まれの志摩市出身者や、志摩市に思い入れのある人達が対象となっています。

今年の三十路式は、なんと、志摩市にあるヨーロッパな香りがするリゾートヴィレッジ「志摩地中海村」のレストラン『タベルナ・アスール』で開催!オシャレスペースを借りて皆さん式典をしました。

タベルナ・アスールについて

当日は、竹内千尋志摩市長や過去の実行委員会代表を務めた桝屋善大さんのスピーチやお楽しみとしてビンゴ大会などが行われました。手伝いのさなか、いくつか会場の写真を撮ったので雰囲気を紹介できればなと思います。

「志摩市三十路式2019」の写真

式典は始まり、この日のために造られた特別な映像を見ている様子。

5回目となった「志摩市三十路式」の実行委員長のスピーチ。三十路式の思いなどを語ります。

来賓として志摩市市長、竹内千尋さん。

そして桝屋善大さんによるスピーチ。

参加された皆さんは真剣に話を聞いています。



30歳になり少し大人に近づいた各々だからこそできる、志摩市との関わり方。そういったことを竹内市長や桝屋善大さんが語ってくれました。皆さん真剣に耳を傾け、これからの志摩市を思ってくれているのだと思います。

式典の後は、外に出て志摩市の海をバックに皆で集合写真を撮りました。

いつの日か、この写真を見て「あのときこんなことあったよねー」なんて語られたら良いなと思います。

参考:志摩市三十路式2019

その他、三十路式の様子

 

この記事を書いた人

おおきんな
おおきんな
志摩市の若者を中心に「どうしたら志摩をもっと元気にできるかなぁ?」というところから始まりました。現在のところ「宇賀多神社 七夕まつり」、「志摩市三十路式」などのイベントを開催しています。自分たちでイベントを考えることも大切ですが、すでにある団体などでイベントやお祭りなどする時には積極的に 参加していこうと思っています。
そこから輪を広げていって、少しずつでも、今よりも元気で明るい志摩市にしていきます。ご指導やアドバイスなどよろしくお願いします。

関連記事

春がもぉそこまできています!さくらとワインの「Precocious Bloom」が「Publichouse Laughter(パブリックハウス ラフター)」で開催中!

頭が良くなりたい?今すぐ獅子舞に噛まれるんだ!!(国府神社獅子舞)

9年ぶりに復活‼近鉄鵜方駅にも冬のイルミネーション‼‼

「伊勢志摩備長炭」という、食べられない伊勢志摩ブランドを知っていますか?(さとう製炭工房)

どうして志摩市なの?元・鈴鹿8耐レーサー&碧志摩メグプロデューサー浜口喜博さんに質問してみた!

現役海女による網焼き料理!?志摩市で行われたイベント『伊勢志摩 de 海鮮 CAMP』に参加!

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です